子なし主婦の小説・漫画

【ワールドトリガー】SF設定と戦略バトルの新感覚・少年マンガ!

オススメ漫画 ワールドトリガー王道な少年漫画もいいけれど、ちょっと変わったバトルものも気になる方へ。

少年漫画ではめずらしい、集団戦のワールドトリガーを紹介します。

こんな人におすすめ
  • 能力と気持ちのパワーでボスに勝つ展開に飽きた方
  • 戦略や心理戦が好きな方
  • キャラクター同士のやりとりを楽しみたい方

ワールドトリガーの魅力とは

ワールドトリガーは、葦原大介あしはら だいすけ先生がえがくSF少年漫画です。

週刊少年ジャンプで2013年から連載を開始、2019年1月号からジャンプスクエアに移籍して連載中です。

ワールドトリガー.info

少年漫画ではめずらしい集団戦。

そして、SF設定とキャラクターが細かく作りこまれている作品です。

あらすじ

異世界からの侵略者・ネイバーと防衛組織・ボーダーの戦いを描くSFアクション。

出典 Wikipedia

主人公はボーダーの隊員・三雲修みくも おさむ

彼は幼なじみの雨取千佳あまとり ちかの兄・麟児りんじをネイバー達から取り戻すためにボーダーの一員になります。

敵であるはずのネイバーの空閑遊真くが ゆうまと出会い、修の運命が変わっていく…というストーリです。

作りこまれたSF設定

SFとはサイエンス・フィクションの略で、科学にもとづいた創作のことです。

ワールドトリガーのSF要素
  • 異界・近界ネイバーフッドから近界民ネイバーが侵略してくる
  • トリオンという生体エネルギー
  • トリオンの影響であらわれる超感覚・サイドエフェクト
  • ネイバーの技術を利用して作った武装・トリガー

設定の言葉は序盤でしっかり説明されますし、何度も出てくるので自然と覚えられますよ。

トリオンの設定が秀逸

この作品のSF設定で1番面白いのはトリオンについてです。

トリオンとは
  • 心臓の横にある器官から出る生体エネルギー
  • トリオン器官は人類みんなが持っている臓器
  • ネイバーフッドで使われていた技術

ボーダーはトリオンを研究して、実戦や施設の強化に利用しています。

  • ボーダー隊員の戦闘体・トリオン体
  • トリオンを消費しながら戦う武装・トリガー
  • ボーダー基地の外壁など

トリオン体になると、トリオンを使った攻撃以外ではほとんどダメージを受けなくなります。

ネイバーはトリオンを使っているので、ネイバーとの攻撃ではダメージを受けます。

しかし、トリオン体じゃない生身の人に攻撃されたり、建物が崩れて巻き込まれる場合は、ほとんど無傷なんです。

このトリオン体は、ボディスーツをまとったり変身したりとは少し違います。

ふだんの体とトリオン体を書き換えるイメージです。

トリオン体になっているあいだ、ふだんの体はトリガーの中に収納されます。

つまり、トリオン体でやられてしまっても、ふだんの体は無事なんです。

トリオン体が維持できなくなると、自動的にボーダー基地へ送られる緊急脱出ベイルアウトが発生します。

戦って死んでしまうキャラクターがいて、ドラマを生んでいる作品もあります。

しかしワールドトリガーはトリオン体で戦っているので、やられても緊急脱出ベイルアウトで生きている。

死んでしまうドラマではなくて、戦闘を繰り返して成長するドラマなんです。

そして、人それぞれ体力がちがうように、トリオン量には個人差があります。

攻撃の威力が上がったり使用量の多いトリガーを使えたりと、作戦にも影響をあたえる重要な要素です。

ほかにもトリオンが多いことで、サイドエフェクトという超感覚を持つ隊員もいます。

サイドエフェクトの例
  • 未来視→目の前にいる人の少し先の未来を見る
  • 強化睡眠記憶→高性能な睡眠学習
  • 強化聴覚→ふつうの人の6倍の聴覚と「聞き分け」

トリオンが脳や感覚器官に影響をあたえることで出てくる能力です。

いわゆる超能力や必殺技とは違います。

私たち読者の日常に近い能力なのが、SF設定にリアルをプラスしています。

集団で戦う戦略

少年漫画のバトルシーンは、途中まで仲間と戦っていても、最後は主人公とボスとの一騎打ちですよね。

ワールドトリガーは違います。

主人公たちが所属するボーダーは、対ネイバーに特化した民間の防衛組織です。

民間とはいえ、軍隊のように訓練もあるし所属する隊も分かれています。

戦闘隊員は使う武器によってポジションの分類もあります。

隊員が連携をとるためのサポートをするオペレーターもいます。

なんでもできて強い万能キャラクターではなく、それぞれが役割をもっているんですよ。

ストーリーの盛り上がりである大規模侵攻編では、敵の幹部ひとりに対してボーダー隊員10人近くで戦います。

その連携がとてもよいのです。

ひとりでは勝てない相手でも、戦略で勝つという展開が新しくて面白いです。

現在はランク戦といって、ボーダー内の隊同士で戦って順位をつける話が展開されています。

いわゆる模擬戦ですが、隊の特徴が出ているので仲間同士の戦いでも盛り上がります。

能力的に弱い修が、どうやって勝つのかを見るのも楽しいです。

このランク戦、その日の試合に出ていない隊員はスポーツ観戦のように見られるようになっています。

実況や解説もついているため、スポーツマンガの要素もあって盛り上がります。

個性豊かなキャラクター

ワールドトリガーに出てくるキャラクターは、隊員も本部の人たちも、敵であるネイバーたちも魅力的です。

とくにボーダーの隊員はネイバーと戦う仲間であり、ランク戦で順位を競うライバルでもあります。

そんな隊員ですが、数が多い!

隊員だけで100人をこえています。

現時点で、すべての隊と隊員が出ているわけではありません。

でも作者の葦原先生は、細かく設定を決めている方なんです。

ワールドトリガーを始めた当初から、すでに隊の特徴や隊員の構成を決めていたそうです。

2016年に発売されたオフィシャルデータブックでは、すでにA級、B級のすべての隊と隊員の名前、トリガーの種類まで登場していました。

登場するキャラクターが多くても、隊のカラーがはっきりしているのできちんと覚えられます。

あと私がいいなぁと思うのが、キャラクターによって呼び方がちがうところです。

例えば、序盤から出てくる緑川駿みどりかわ しゅんというキャラクターに対して

  • 修→緑川
  • 遊真→しゅん

と呼びます。

遊真は序盤のストーリーから緑川と仲良くなり、一緒にいることも多いです。

一方、修と緑川は最初の出会い以降は個別に仲良くしているシーンは出てきません。

キャラクターの多いマンガだと、読者に覚えてもらうために呼び方が統一されることが多いです。

でも実際、学校では仲良い子はあだ名とか下の名前で呼びますよね。

会話でもいろんな呼び方が出てくるところが、実際の学校のやりとりみたいで親近感がわきます。

お気に入りのキャラクターができると思いますよ!

まとめ ワールドトリガーの魅力

ポイント
  • つくりこまれたSF設定
  • 集団で戦う戦略
  • 個性豊かな多くのキャラクター

ワールドトリガーは大人が読んで面白い漫画だと思います。

3巻後半で始まるブラックトリガー争奪戦から本領を発揮します。

ぜひ読んでみてくださいね!

最後まで読んでいただいてありがとうございました。
いいなと思ったらポチッとしてもらえると喜びます!
にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA