子なし主婦のくらし

寒い!眠れない!充電式湯たんぽでぽかぽか

f:id:ojyagamaru:20200120124229j:plain

冬らしい気温になってきましたね。

寒いときってなかなか寝つけないことありませんか?

足や背中、お腹がひんやりしていると眠りにくいですよね。

今回は寒いときに便利な充電式湯たんぽを紹介します。

全然寝つけないとき、この湯たんぽを布団に入れるとグッスリ!

わが家ではスリーアップ株式会社のnuku2(ぬくぬく)を使っています。

f:id:ojyagamaru:20200120124243j:plain

一番ベーシックなタイプです。

カバーの種類がほかにもあります。

手触りのよいフランネルのカバーやかわいい動物のカバーもありますよ。

充電式湯たんぽとは

お湯を使わずにコンセントで充電すればあたたかくなる湯たんぽです。

特殊な液体(弱塩化ナトリウム水溶液)が入っています。

中の液体を出し入れしなくても、充電するだけで繰り返し使えます。

nukn2のスペック(公式より)

本体サイズ 幅22×奥行27×高さ4.5㎝
カバーサイズ 縦28×横27㎝
重量 1.6㎏
材質 (本体)ナイロン、PVC/3層構造式(保温カバー)ポリエステル
電源 AC100V 50/60Hz
消費電力 最大400W/平均270W
コード長 1m
蓄熱材 弱塩化ナトリウム水溶液
蓄熱温度 蓄熱時(強)60℃、(弱)40℃
蓄熱時間 約20分(室温20℃の場合)
連続使用時間 アンカ目的の場合/約6~8時間(布団内で使用している場合)、カイロ目的の場合/約3~4時間(体に当てている場合)
電気代(目安) 蓄熱1回あたり約2.5円
保証期間 1年間
カラー ブラウン、ピンク、モスグリーン、モカブラウン、マスタードイエロー

充電式湯たんぽのメリット

  • 湯たんぽが簡単にできる
  • お湯いらずで安全
  • 1回の充電が2.5円と経済的
  • 部屋のどこでも使える

充電式湯たんぽは正しく使えば便利で安全です。

使っていて感じるメリットを紹介します。

冬にかかせないアイテムになりますよ。

湯たんぽが簡単にできる

お湯をわかして湯たんぽの中にいれたものが、いままでの湯たんぽです。

わくまで待つのも入れるのもめんどうですよね。

充電式ならコンセントに差しておくだけ、とっても簡単です。

お湯いらずで安全

熱湯を湯たんぽに入れるとき、こぼれたらやけどになってしまいます。

ポットからでもお湯がはねて危険なことも。

私はそれでやけどしたことあります。

充電式湯たんぽならお湯を使わないので安全ですよ。

1回2.5円と経済的

充電式湯たんぽは、布団での使用なら6〜8時間もちます。

1日1回充電すれば問題ありません。

毎日使ったとしても、1ヶ月で75円です。

暖房をつけたまま寝るよりも経済的ですね。

部屋のどこでも使える

充電が終われば持ちはこび自由です。

通常の湯たんぽとちがって、中の液体がもれる心配もありません。

布団でもリビングでもどこでも使えます。

とっても寒いときはパジャマのお腹に入れながら移動もできます。

充電式湯たんぽの注意点

  • 説明のとおりにする充電する
  • 使うときはカバーをする
  • 充電しながら使用しない
  • あたたまらなくなってきたら買い替えのサイン

とっても便利な充電式湯たんぽですが、使い方を間違えると爆発することも。

寝るときに利用して低温やけどになることもあります。

説明のとおりに使うことが大切です。

説明のとおりに充電する

  • かならず水平な場所で充電する
  • 立てかけたり傾けた状態で充電しない
  • 布団の中や上での充電はさける
  • 保温カバーに入れたまま充電しない

充電に関して上のように注意事項が書かれています。

きちんと守っていれば安全なので、かならず説明のとおり使用しましょう。

使うときはカバーをする

充電式湯たんぽには必ずカバーがついています。

これはデザインを可愛くするためではなく、低温やけどを防ぐことが目的です。

かならずカバーをして使用しましょう。

充電したまま使用しない

充電が完了すると、自動で充電がオフになります。

しかし温度が下がればまた充電を開始してしまい危険です。

充電したままの使用で爆発事例もあります。

かならず蓄電プラグから抜くようにしましょう。

あたたまらなくなってきたら買い替えのサイン

通常は20分ほどであたたまります。

ランプが消えてもまだぬるい、ランプが消えないなどの異常が出たら買い替えのサインです。

ムリに使いつづけるのは事故のもとなので、買い替えたほうが安全です。

どんなときに便利?

  • 布団がひんやりしてて眠れないとき
  • リビングで座っているとき
  • 冷えてお腹が痛くなったとき

充電式湯たんぽは家の中ならどこでも、充電すればすぐに使えます。

私は開腹手術をしているので、食べ物や冷えからすぐにお腹が痛くなります。

なんど救われたかわかりません。

まとめ 充電式湯たんぽでぽかぽか

ポイント
  • お湯を使わないので簡単、安全
  • 1回2.5円で経済的
  • 家の中どこでも使えて便利
  • 説明は守ることが大切

寒い時期は冷え性もひどくなって体調に影響が出ますよね。

冷えは健康の大敵です!

充電式湯たんぽを使って、ぽかぽかあたたまってみてはいかがですか?

最後まで読んでいただいてありがとうございました。
いいなと思ったらポチッとしてもらえると喜びます!
にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA