子なしの夫婦円満

半年に一度でOK!夫婦円満のために家計について話してみよう

夫婦円満のために家計について話してみようあなたは旦那さんのお給料を知っていますか?

毎月引き落とされている金額を言えますか?

 

お金について夫婦で理解していることで、将来の見通しを立てやすくなり、夫婦円満につながりますよ。

今回は夫婦円満でいるために、お金の相談をしてみようというお話です。

こんな夫婦におすすめ
  • 家計は別サイフ
  • 家族全体の貯金額を知らない
  • お金の相談をしたことがない
  • 毎月、毎年の収支を知らない

わが家のおサイフ事情

オレンジ色のサイフから出たお札や硬貨結婚するとふたりでの生活が始まります。

お金管理の考え方は家庭によってちがうので、わが家のおサイフ事情をサクッと書いておきます。

流し読みで大丈夫ですよ!

私の仕事に関係なくサイフは1つ

結婚してからの私の仕事の状況は、専業主婦→パート(扶養内)→パート(扶養外)→現在は専業主婦です。

私の仕事の状況にかかわらず、結婚してから夫婦のおサイフは1つです。

 

夫婦で支払う費用を分担している家庭もありますよね。

私たち夫婦の性格では分担はうまくいかないと考え、すべて旦那のお給料から支払うようにしています。

日々の家計はもちろん、旅行や大きな買い物もすべて旦那のお給料からです。

おじゃがまる
おじゃがまる
パートしていたときの私のお給料はすべて貯金していました。

家計の管理は私

家計の管理は妻の私がしています。

旦那はあると使ってしまうタイプなので、結婚するときに管理を託されました。

なので、このあと紹介する家計簿や収支のデータは私がつけています。

夫婦ともおこづかい制

好きなものを買ったり友人と会ったりするためにも、自由に使えるお金は必要ですよね。

わが家は旦那のお給料からおこづかい制としています。

おこづかいの使い道は自由!お互いに口を出しません。

その分、「今月足りないから追加」はナシです。

 

家計の相談をするメリット

コーヒーを飲むカップル家計のサイフの分け方や夫婦のどちらが管理するのかは、仕事の忙しさや性格によってかわってきます。

でもどんな管理の仕方をしていても、かならず夫婦で家計の相談をするようにしましょう。

  • 全体の貯金額がわかる
  • お金の流れがわかる
  • お金への意識が高まる
  • 相手を信頼できる

全体の貯金額がわかる

共働きの家庭だとありがちなのが、生活費を出し合ったらあとは自由!という方式。

それぞれが貯金していると思っていて、フタを開けたら貯金ゼロというパターンをよく耳にします。

家計の相談を定期的にすれば、ふたりの全体の貯金額を知ることができます。

 

稼いだお金は自分のために使いたい!

その気持ちはよくわかります。

でも夫婦としていっしょに暮らしているのですから、何かあったときに対応できるように知っておきたくないですか?

病気や失業したときに「実はわが家にはお金がない…!」と気づいた瞬間を想像してみてくださいね。

お金の流れがわかる

毎月の収支を知っておくのも大切ですが、1年通したお金の流れを知っておくことが家計では大切です。

  • 5月は結婚記念日があるから出費が多い
  • 帰省シーズンは毎年赤字になっている
  • 趣味の費用が毎月かわらず高い

 

知っておけばあらかじめ準備ができますよね。

毎月収支がプラスにならなくても、1年間でプラスになればいいんです。

お金への意識が高まる

お金の流れや貯金額がわかると、どうしてこんなにお金がかかったんだろうと考え始めます。

  • 結婚記念日だからと高いコースを頼んだ
  • 帰省のチケットを直前にとるから高い
  • 趣味に関する月額登録が多い

 

お金がかかっている=悪いことではないですよ!

ただ、お金には限りがあるので、「どこに使うのか」を決めることが大切です。

 

「どこに使うか」の例
  • 結婚記念日は豪勢にしたい→趣味の月額登録をやめよう
  • 帰省費用はもう削れない→結婚記念日は手作りにする
  • 趣味はふたりの楽しみ→帰省は早割を利用しよう

 

夫婦の片方がお金の使い方を勝手に決めるとケンカになります。

ちゃんとお金の流れをお互いに知ったうえで相談すれば、納得のできる使い方を探せますよ。

相手を信頼できる

  • ホントにお金貯めてる?
  • 管理まかせたけど使い込んでない?

 

そんな不安もありますよね。

だからこそ、収支を出して相談するんです!

「きちんと家のことを考えているんだな」とお互いに思いやれるようになりますよ。

 

まずは記録をつけよう!

ノートと万年筆お金の出入りを知っておくためには記録をつけるのが一番手っ取り早いです。

  • ムダづかいを振り返る
  • 出費のかさむ時期を知る

続けていれば年度ごとに比べることもできますよ!

おじゃがまる
おじゃがまる
わが家のお金の管理の仕方を紹介します

家計簿

フリーソフトのらくらく家計簿を利用しています。

結婚してすぐに入れたので、5年以上使っていますね。

  • お店や品目の登録ができる
  • 銀行口座を登録できる
  • 月計をエクセルにコピーできる
  • クレジット引き落としも入力できる

フリーソフトとしては有能だと思います。

 

家計簿は続かないのー!

家計簿を続けるコツを書いていますので、チャレンジしてみてくださいね!

家計簿はめんどう?家計簿を続けるコツ
家計簿はめんどう?家計簿を続けるためのコツを紹介します!生活するにはお金が必要。でも家計簿はめんどうでいつも続かなかったな…。そんな人でも大丈夫!家計簿は張り切らないで、ゆるーくつける方が続きますよ。結婚して7年間、家計簿をつけてきた筆者がコツを紹介します。...

クレジットカードの明細

ペーパーレスのため発行にお金をとる会社も増えています。

毎月100円ほど払ったとしても、わが家は明細書は郵送です。

理由は、届いた日にかならず確認するから。

 

記憶にない引き落としを発見したことがあり、調べてみると使っていないウイルス対策ソフトが自動更新になっていました。

すぐに気づいて解約したので、次からの引き落としをストップ!

おじゃがまる
おじゃがまる
確認していなかったらと思うとゾッとします。

 

もちろん毎月忘れずに見るなら、ネット明細でもOKです!

確認できる期間が決まっているので、夫婦で話し合うときのためにプリントアウトしておきましょう。

通帳の記帳

お給料の手取り額で生活できているのかをパッと判断するには、通帳の記帳がイチバン早いです。

最低でもお給料日には記帳する習慣をつけましょうね!

ネットでは確認できる期間が決まっています。過去の取引を残しておくためにも記帳をオススメします。

 

家計の相談をするポイント

コップの中のコインとそこから伸びる芽記録は残しているだけでは意味がありません。

毎月の家計簿やクレジットカードの明細から、夫婦のお金の使い方を知ることが目的です。

ハイ、相談しましょう!と言われても、何をすればいいかわからないと思います。

わが家が決めているポイントを紹介していきますね。

家計の相談は半年ごと

毎月相談していても家計の全体像が見えません。

かと言って1年ごとでは、何があったか忘れてしまうこともあります。

半年でいったん確認することで、残りの半年の過ごし方を修正できるのです。

 

わが家の初めての家計の相談はちょうど12月、年末だったので話しやすかったんですよね。

だから半年ごとなので、6月・12月に家計の相談をしています。

相談に使うのはエクセル

毎月つけている家計簿のデータを、半年ごとにエクセルに出しています。

家計簿のデータに銀行口座のお金を足して、半年分の収支を作成すればOK。

家計簿のエクセルデータのコピペと通帳の金額を入力するだけ。

作るのに30分もかかりません。

収支のエクセルは夫婦で見る

何度もおつたえしていますが、夫婦で相談しないと意味がありません。

エクセルが出来上がったら、かならずふたりで見ながら話しましょうね。

おじゃがまる
おじゃがまる
「見ておいてね、あとで聞かせてね」では絶対に見ませんよ!

 

わが家は私がエクセルを作り、完成したら旦那といっしょに見ます。

旦那からの質問
  • この月のその他出費が多いのは?
  • 通信費が高いのはどうして?
  • クレジットの額高いけど何買ったっけ?

文字にするとなんだか追求されている感じがしますが、実際は普通の会話ですよ!

 

クレジットや携帯の機種変更などの料金は、購入と支払いの時期がズレるので忘れやすいのです。

引っ越しや入院などの大きな出費も、実際にかかった金額を夫婦で確認できますよ。

 

また、貯金額は折れ線グラフにでもしてつけておきましょう。

数字だけで見ているとわからない部分も、グラフになっていると一目瞭然ですからね。

おじゃがまる
おじゃがまる
右肩上がりだとやっぱり嬉しいです!

 

まとめ 夫婦円満のために家計について話そう

ポイント

【メリット】

  • 全体の貯金額がわかる
  • お金の流れがわかる
  • お金への意識が高まる
  • 相手を信頼できる

【相談について】

  • 半年ごとでOK
  • 収支をエクセルに
  • 収支は夫婦でいっしょに見る

夫婦としていっしょに暮らすなら、さけては通れないのがお金です。

お金があれば、多少の不便(病気や失業)があっても安心して暮らすことができます。

何かに挑戦したくなったときでも、チャレンジしやすくなりますよ。

 

半年に1度です、どこかの週末にでも夫婦でお金の相談をしてみては?

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。
いいなと思ったらポチッとしてもらえると喜びます!
にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA